FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンナ入院8日目。

ダンナの退院が決まりました。
明日、ソーシャルワーカーと話をし、水曜日退院ということになったそうです。
その後待ち受けている断酒会には家族も同席しなければならないとか。ふぅ・・・。
大変ご心配をおかけしました。
とりあえず水曜日で一区切りです。
カレは一生お酒を飲めないわけですが、今後は食について探求していくみたいですよ。
とりあえずレタスクラブを熟読していました。
スポンサーサイト

ダンナ入院4日目。

ダンナは絶食生活を終え、今日から水分OKになっていました。
訪れる先生みんなに
「今度なったらもう助けられないよ」
「今度なったら死ぬよ」
「もう飲んじゃだめ」
「断酒!」
「断酒!」
「断酒!」
と言われるそうです。

そうです。
ダンナはアルコール依存症なのです。

そういう自覚を本人は入院直前までしていませんでした。
ずっと他人事だと、まさか自分がそういうカテゴリーの人間だとは微塵も思っていなかったみたいです。
今やっと気づき、徐々に自覚を深めているらしいですが。。。
わたしにしたら「いまさらすか!」という感じですよ。
退院時、ご家族の方を含めてお話を・・・と言われているそうです。
事の重大さ再認識です。

わたしがどれだけカレを支えられるのか疑問なのですが。
こういうことはやはり自分の意思が一番モノを言うので。。。

ダンナ膵炎で入院する。

ダンナが膵炎で入院しました。
去年の正月に急性膵炎で入院したことを日記でも書いていますが、実はその後、数回入退院を繰り返しています。
運良くすい臓に壊死や石灰化した部分は見られないみたいですが、これだけ急性膵炎を繰り返すと慢性膵炎と捉えてよいとの話を、前回の入院のときに先生に聞きました。
こちらにも書かれています。
http://www.nanbyou.or.jp/sikkan/111.htm

普通の飲める人ならなんてことない酒量だと思います。
でも、彼はもう消化酵素の分泌異常をおこしやすい体質なのです。
なるときはビール1杯でもなってしまうのです。
本人も認知しているはずだったのに、そしてわたしも止めたけどお酒を棄てるまでの鬼になりきれず、また今回のことが起こってしまいました。
正直、はーさんのことの後なだけに精神的に辛いです。
救いなのははーさんが無事退院、抜糸後だったということぐらいでしょうか。
それより病気にならないでくれるのが一番なんですが。
彼は今回の退院後、断酒のカウンセリングも必要になるでしょう。
このブログを読んでいる方でダンナのことを知ってる方もいるでしょう。
わたし一人だけではどうしても力不足なんです。

彼はもう、1滴もお酒を飲んではいけない身体なのです。

飲んでる姿見たらどうか注意してください。
本当に命に関ります。マジで。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。